Linuxからアホ話まで、何でもありでござる
| Next»

2017年07月15日

データを使った印象操作に気をつけろ 

[これでいいのか]
こういう報告ってどうなんだろ。

精神障害の労災が過去最多、建設業で目立つ「自殺」

この記事では建設業で自殺が目立つとあるが、仮に全就業者の殆どが建設業に従事していたとすれば、人数が増えて当たり前。全体母数がわからないのに自殺者の実数だけ言われても多いのか少ないのかさえわからん。こういう記事だけをみて「建設業界ヤバイ」とか思う人は騙される確率もかなり高いのではなかろうか。

ということで、どの業種が危ないのか、業種別就業者数と労災補償の人数を比較してみた。就業者数は総務省統計局の数字を使った。データはこちら。
労働力調査(基本集計) 平成29年(2017年)5月分 (2017年6月30日公表)
労働力調査(基本集計) 平成29年(2017年)5月分結果の概要(PDF:271KB)

厳密に言えば、労災の調査期間と業種別就労者数の期間は合わせるべきなのだが、大勢に影響はないだろうということで就労者数は最新のデータを使った。

調べた結果がこちら。

null

1万人あたりの労災人数および自殺者が高いところは次の通り。
労災人数
1、運輸・郵便 0.135人
2、情報通信 0.125人
3、建設 0.110人

自殺者
1、建設 0.032人
2、情報通信 0.028人

これを見る限り、情報通信もかなりヤバイ。なのに問題するのは建設だけっておかしいよね。こうやって情報操作されていくんだよね。見ると、この記事を書いた人は、どうやら建設業界に造詣が深い方のようだ。そりゃ偏るよなぁ。

とまあ、データを使っても見せ方によっては我田引水できるし印象操作も出来るという話だよね、と思った次第。もっとみんな数字に強くなろうぜ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5007

2017年02月09日

ムダが発生するは消費者のニーズに答えているから 

[これでいいのか]
最近、恵方巻きを悪者にしたムダが指摘されているようだ。
コンビニ恵方巻「大量廃棄」問題の解決が難しい事情
恵方巻き大量廃棄に「食べ物を無駄にするぐらいならこの習慣はなくしたほうがいい」という声 | netgeek
排気が出てから騒ぐより、なぜこういったムダが発生するのかをもっと考えたほうが良い。ムダが発生する理由は簡単。
消費者がそれを望んでいるから
である。え?ムダなんて望んでいない?確かにムダは望んでいないかもしれん。しかし、すぐ買えないと騒ぐのは誰だ?

ムダを無くすのは簡単で、作らなきゃ良いのである。頼まれてから作るだけでムダはかなり減る。ま、これは厳密に言えば、加工後の食品が加工前の食材に変わるだけなのだけれど、加工後の食品に比べれば一般的には材料のほうが品質保持できる時間が長いものが多い。

作らない方法=製造量を減らす手段は2つあって、一つは上で述べたとおり「頼まれてから作る」だ。もう一つは売る場所を減らすことである。簡単にいえば飯は食堂で食えってこと。安く早くどこでも欲しいという要求に答えた結果がコンビニ等での弁当販売になっているわけだ。品切れさせるとお客さまからもSVからも怒られるとなったら、余裕をもたせて発注するのは当たり前だろ?で、販売店舗が増えれば増えるほどロスは増加する。ムダムダいうなら、まずは買うのをやめろ。ムダを指摘するのなら利便性は要求するなと言いたい。

ついでにいうと、ムダ=ロスを無くす方法はもう一つある。それは品質保持時間を長くすることだ。缶詰みたいに長期保存が効くようになればトータルとしてのロスは大きく減らせる。コンビニに出来たてとかを望むから品質保持時間が短くなってしまうんだよ。缶詰とサトーのご飯とかを文句を言わずに食えばムダもなくなるんだ。

もっと言わせてもらえば、コンビニとかの弁当などは、全て予測に基づく発注だ。予測だから外れることもある。予測通りの販売数だったらロスなんか出ない。そんな不確定な要素を販売先に求めておきながら、ロスが多いとかよく言えたもんだと思う。お前が発注してみろ!と言いたい。

買う人がいるから作る人・売る人がいるんだ。それをみんな忘れているんじゃないかなぁ。だけれども、話題にされるのは売る側と作る側だけ。こういうところからもお客さまは神様です思想が感じられて香ばしいよね。そろそろそれを対等な関係に戻さないと、ロスも低い生産性も解消しないよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4917

2017年01月29日

特定の民族の人権は無視していいという教育をする国とは距離を置くしかない 

[これでいいのか]
個人的に衝撃を受ける記事を読んだ。

呉善花「反日」という「バカの壁」からの脱出

ショックだったのは次のくだりだ。

 韓国の教育界は、小学生のときからこうした教育を受けさせることで、伝統的な侮日観をしっかり身につけさせていこうとしている。これによって、相手が日本人であれば、その言動は「倫理・道徳にもとろうとも構わない」という意識が植え付けられていく。

 韓国の著名な小説家・翻訳家の李(イ)潤(ユン)基(ギ)氏も新聞コラムで、韓国では「相手が日本人ならば、ちょっとやそっとは無礼であっても構わない」が通念になっていると書いている(「日本人に対する礼儀」東亜日報2006年1月4日付)。いや、「ちょっとやそっと」どころではない。実際には「どんなに」無礼であっても構わないのである。
日本人には何をしても構わない。それだけでなく、日本人は侮蔑すべき対象と教育をしている国らしい。いくらなんでもそこまでは・・・と思っていたが、これは考えを改める必要があることを痛感した。

かなり昔にも書いたが、反日教育をする国とは距離を置くべきであると思う。ましてや侮日となれば相手にする必要さえない。そもそも、特定の民族とは言え、誰かの人権など無視してもかまわないという教育を行っている事自体が恐ろしい。そんな国民と対等に話ができるはずなどない。相手は卑屈に蔑んで日本人を見ているのである。そんな意識を小さい頃から植え付けられてしまっている。

他国の教育に口出しをすべきではないのかもしれんが、彼の国は人権を無視しても良いという教育をする国であることは十分認識すべきだろう。そして、いわれのない恨みを持っている国民であることも、しっかりと覚えておかねばならない。そんな国を相手にするほうが間違っている。相手は話しても理解出来ない相手である思うべきであり、それそれ以上でもそれ以下でもない。

もうあんな国を相手にするのはやめるべきではないのか。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4911

2017年01月03日

蓮舫二重国籍問題はもっと騒ぐべき 

[これでいいのか]
この問題、すごくでかい問題だと思うのだが、なぜ放置するのか。
【二重国籍】テレ朝が『ピコ蓮舫』を本気で映像化wwwwww
こんな感じでもっともっと取り上げるべき。

なぜこの問題が取り上げられないかというと、それは多分安倍政権にとって都合が良すぎるから。安倍政権はアメリカにとって都合のいい政権だから長期政権になっているのだろうが、その安倍政権も、対抗馬があんな体たらくであればやりやすくて仕方ないわけ。だって、口を開けば開くほど墓穴を掘っていくんだもの。民主党じゃなくて自滅党にでも改名すればいいのに。

そもそも二重国籍かどうかがはっきりしていない奴を党首にするっておかしいだろ。どっちの国益を優先しているんだ?と言われても仕方がない。安倍政権はアメリカ優先なわけだが、それに対抗するとなれば中国かロシアだよね。蓮舫が中国の国籍を維持したままであれば、安倍政権に抗うのは中国に対して利益誘導していると同じじゃないのか?

蓮舫は二重国籍でないことを明らかにするか、さもなくばとっとと政治の舞台から降りて欲しい。二重国籍の疑いがあるものが国政にタッチすること自体がおかしいことにそろそろ気付こうぜ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4890

2016年12月27日

キャッチーなタイトルは嘘ばかりだな 

[これでいいのか]
でました内部留保あるんだからもっと使え理論。
電通の内部留保は過去最高の8千億円=いますぐ社員倍増でき過労死招く長時間労働の解消可能
いいたいことはよく分かるし、決して電通の肩を持ったりはしないけれど、「内部留保を吐き出したら、いますぐにでも社員を2倍以上増やすことが可能」には全く同意できない。なぜなら、社員を2倍にしたら1年で内部留保が0近くなり、2年目にはど赤字に転落するからだ。そんなの提示されている「電通の内部留保」というグラフを見たらわかるだろうに。

その検証は次の通り
電通の社員 43,583人
電通の平均年収 1,301万円
推定される電通の人件費 4万3,583人x1,301万円=5,670億円

社員を2倍にしたら・・・
電通の社員 87,166人
電通の平均年収 1,301万円
推定される電通の人件費 87,166人x1,301万円=11,340億円(+5670億円)

純利益がそのまま内部留保に当てられるとして、提示されているグラフから読み取れる電通の2011年~2015年の5年間の年間平均利益は
(8098億円-5684億円)÷5年=482億円/年

である。

こんな状態で人件費が5,670億も増えたら2年で倒産だろ。よって、利益をそのまま人件費に当てたとしても、増やせる人数は
年間利益482億円÷電通の平均年収1,301万円=3,704人(8.5%)

こんなもんだ。もしこの記事の通り倍増させて倒産したら、なんと87,166人が路頭に迷うことになる。この記事を書いた人はそこまで考えているのだろうか。

こういう悪意に満ちた情報誘導ってどうなんだろうね。キャッチーな「電通はいますぐ社員倍増できる」みたいな言葉だけが独り歩きするように仕向けているだけに見える。

こういうあまりにひどい記事は載せちゃだめだろ。>BLOGOS

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4884

2016年12月22日

口コミ評価はもう少し工夫した方がいいんじゃね? 

[これでいいのか]
特にホテルの口コミについてなのだけれど、ホテルの宿泊料金は価格が変動するので、口コミを鵜呑みに出来ないところが多すぎるんだよね。だから、評価に価格をかけたもので評価点にするべきじゃないかと思う。超高価格でも高い評価をもらうところが本物であって、安かろうちょっと良かろうと同列に比較されるのはおかしいと思うのだ。

例えば、同じ部屋・同じサービスでも、一泊15,000円の場合と8,000円の場合では、その印象は必ず違う。当然価格が高いほうが評価も厳しくなりやすい。安いものを狙う人は、価格はとにかく安く、そのくせサービスだけは価格以上を求める傾向が強い(偏見かも)。で、安さ狙いの人は口コミへの対応も熱心だったりする。低価格になればなるほどこの傾向は顕著になる。そりゃそうだ。安くていいものを追い求めるんだから。だが、そもそも50,000円の部屋と5,000円の部屋を同列で比較すること自体がナンセンスって気がついている人はいないのだろうか。

低価格で過剰なクオリティを求められるから、サービスの生産性が上がらないわけなんだが、多分コスパだけをめる人は生産性など気にしない。なぜなら自分だけ良ければいいし、そのオーバークオリティを受けたことを自慢したいだけだからだ。本当に良いサービスだったら、親しい人にだけ教える程度で、赤の他人には教えたくないもの。

良いものにはそれなりの金を払うのが当然だし、金を払うから良いサービスが受けられる。それを出し渋っていると、中には抜け駆けしたくてそのコストのほとんどを従業員に負担させる企業が出てくる。その典型がワ◯ミだったりす◯家だったりするわけ。なのに、ブラックになればなったで袋叩き。そういう土壌の一旦を作っているのは過剰なクオリティを求めている人たちなことを、そろそろはっきりと言うべきなんじゃないかな?

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:22:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4878

2016年12月13日

パチンコはギャンブルだよね 

[これでいいのか]
何かと話題のカジノ法案。個人的には「いいんじゃね?」と思う。ただし、パチンコをしっかり規制できたらの話。

若い頃はパチンコ・パチスロに金を注ぎ込みまくった。ギャンブル依存症にかなり近かったと思う。パチスロをするようになってからは金銭感覚が完全に麻痺し、1000円が100円程度にしか感じなくなった。その1000円がたったの20プレイ程度、時間にすると2分もかからず消えていく。連チャンすると数万円は余裕で勝てるのだが、当然それはめったにこない。一日で9万円負け翌日7万円取り返したとか、そんなことばかりやっていた。

そんな俺だったが、ある日突然パチンコ・パチスロがバカらしくなってやらなくなった。理由は自分でも不明だ。

パチンコ・パチスロは面白い。アメリカのカジノでも遊んだことがあるが、個人的にはパチンコ・パチスロのほうがゲームとしては面白い。面白い上に換金できたり一発逆転があったりと、射幸心を煽る要素もたくさん取り入れていて、一度大勝ちしたらはまらないほうがおかしい。

パチンコ・パチスロは遊戯マシンとしても最高に優秀なのだから、ゲームセンターのようにしてもそれなりに客で賑わうような気がする。ただ、今のような売上は当然見込めないので店舗数はかなり減るだろう。しかし、それが健全な姿であるのは言うまでもない。繁華街や駅前にギャンブル施設が鎮座していることのほうがおかしいのだ。パチンコの売上が消費に回るだけでも、それなりの経済活性化に結びつくような気がする。

さっさとパチンコは規制するか、それこそ公営ギャンブルにしてしまえばいいのにと思う。

関連するカテゴリ:パチスロは絶対勝てない

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4869

2016年11月24日

知らないことは幸せであり罪である 

[これでいいのか]
先日頂いたコメントから、思うところがあったので書いてみる。

ウチの親父は数年前に亡くなったのだが、その原因は確か「肉腫」だったと思う。それはかなり前から見つかっていたらしい。悪性ではなかったのでそのまま放置していたようだ。手術すれば治ったのが、手術は結構な大病院でなければ無理と言われていたらしい。家は全く家計に余裕がなく、親父はそんな大病院の医療費の支払いなど出来ないと思っていた。その上、高額医療制度など全く知らないばかりか、俺への相談さえなかった。俺も金は持っていないが、そういう知識は少しは持っているわけで、相談して貰えば何かしらの手は打てたかもしれん。

「肉腫があって、もう取れないらしい」と親父言われたのが死ぬ半年くらい前で、あれよあれよという間に死んだ。母親も同じようなもんで、自分の体調の悪さとかを金が無いとかで我慢していたら結構ヤバイ病気で、こちらもサクッと死んでしまった。

昔、いつでも明るいだけのバイトがいたが、話をしてみると何も考えていないし知識も乏しい。思慮が浅く知識が乏しいと悩みも少ないというのを、彼女を見て初めて知った。周りは彼女のことを馬鹿にしていたが、ああいう生き方も幸せだと思う。

知識は悩みを生み、それを解決しようという苦労も生む。解決できたときの喜びは大きいものがあるのは確かだが、自分で解決できないことを知ったときの絶望感は言い表すことが出来ないほど大きい。悩んで悩んで悩み抜いて覚悟を決め諦めるのと、知らずに生きるのとでは、その段階での結果は全く同じである。どちらが幸せなのかとつくづく思う。

これはまるで『億万長者』というアメリカンジョークの裏返しのようで興味深い。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - 1 コメント - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4863

2016年05月07日

主婦が嫌いな司会者ランキング 

[これでいいのか]
主婦が嫌いな司会者ランキングという記事を目にした。ちなみに元記事はこちららしいが、アンケートに回答しないと読めない模様。こういう一手間をかけさせるって全然意味ないし、間違ってクリックさせるやつと同じように、マーケティング的には逆効果じゃないかと思う。

さて、本題に戻ろう。主婦が嫌いな司会者は、
1位:小倉智昭『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ系)31.3%
2位:坂上忍『バイキング』(フジテレビ系)18.3%
3位:宮根誠司『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)17.7%
4位:加藤浩次『スッキリ!!』(日本テレビ系)11.6%
5位:国分太一『白熱ライブ ビビット』(TBS系)8.6%
らしい。へぇーそうなんだ。

個人的には上田晋也がチョー気に障る。他のキャスターを変にいじるのもいただけないし、馴れ馴れしい言葉遣いも聞き苦しい。言葉とか態度とかから「奢り」が感じられて嫌なんだよね。所詮はお笑いタレントだということをしっかり認識したほうがいいんじゃないかな。人の評価は他人が決めるもの。それを忘れているような気がする。とくにGoing!での上田の傍若無人ぶりは目に余る。このままいったら消されるんじゃね?とか思うのだが、どうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4752

2016年03月16日

女性が2人の子供を産まないと人口が減るのは事実だよね 

[これでいいのか]
どこかの校長の話が話題になっているようだ。その話の全文を読むと、マスコミが騒ぐべきレベルの話とは思えない。だが、いつもの通りネタになる部分だけを切り取りセンセーショナルな話に仕上がっているのは興味深いところだ。

女性が2人以上子供を産まないと人口が減っていくのは算術的に正しい。だが、なぜかその正しい話はそっちのけにされ、他の部分だけが大きく取り上げられている。女性蔑視だとか子を産めない人はどうするんだとか、いつもの通り、当事者でない人間がしゃしゃり出て騒いでいる感満載である。産みたくてもこの国の情勢では2人育てるのが難しいなんて話もでているようだが、この算術的な話と社会情勢を理由にした実現性をごっちゃにして見せるあたりも、気に食わないところがあれば正義感という印籠を振りかざしてねたづくりに励むマスコミのいつもの手法である。基本マスコミのやり方は、穏やかな炎上だからなぁ。

また、あの校長も、田母神氏と似たような独特な感性を持っているように見え、マスコミはバリューがより高くなっていると喜んでいるに違いない。

ほんとどうでもいい話題だってこと、みんなそろそろ気がつくべき。マスコミがこういう馬鹿らしい話を取り上げるのは、そんな馬鹿みたいな話に乗せられては騒ぐ奴が多いからだと気がつけよ。馬鹿にされてるんだよ俺たちは。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 23:04:03 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4729

2016年02月21日

楽天 vs Yahoo 

[これでいいのか]
先日、友人の会社に楽天から突然電話があったという。なんでも5年ほど前に資料請求した楽天市場出店について、もう一度検討しませんか?みたいな話だったらしい。

友人は「なんでそんな前の話で・・・」と疑問に思い調べてみたそうだ。するとこんな記事が。

楽天の危機…停滞鮮明で成長「演出」に必死、ヤフーの猛攻でトップ陥落
Yahooが爆速で、楽天離れが進行中?Googl、Amazon、Pinterestも来てるぞ。

「なるほどね。必死なんだ楽天。」と、友人は思ったらしい。

だけど、この結果は来るべくして来たんじゃないかと思う。楽天は高い。その集客力は確かにあるだろう。だけど、楽天は企業のスタンスとして「自分たちが儲けりゃいい」というのがアリアリと伝わってくることが多い。

今回の友人への提案は「いま出店すればこんなにお得に!」という提案で、確かに正規料金からは大幅に値引きされた金額だった。そこまで下げるというのは、既存の出店者に対する冒涜じゃないのか?こういう施策がますます出店者を逃がすことになるんじゃないかなとか思う。それにそもそもYahooだったらタダじゃん。ダメ元でも出せるメリットは比べるまでもなく大きいし、Yahooの出店数がどんどん上がって集客力がついてきているのだから勝てるわけ無い。そんなのもわからんのか楽天は。

一旦出来上がった構造は崩せないんだよね。で、破壊者に根こそぎ壊される。世の常だよな。

俺ももし出店するんだったらYahooを選ぶと思う。ホテルを探すときにも安さだけが判断基準なら楽天だけど、そうでない時はじゃらんとかのほうがいいもんなぁ。

楽天市場が我が世の春だった頃、とにかく足元を見るような営業をされたことが忘れられないんだよな、と友人は言っていた。こういうのが企業のイメージとして残っちゃうんだよなぁ。公用語を英語にしたって意味ないよね。

旧正月に事業撤退で解雇をした楽天シンガポール~英語公用語よりグローバル企業に大切なこと~


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 21:02:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4715

2015年12月29日

ブコメつけまくってる人ってヤバくね? 

[これでいいのか]
いや、ふと思ったんだけどさ、ブコメを一日にめちゃくちゃつけてる人っているじゃない。あの人達って日頃いったいなにしてるのかなーと。ブコメをつけるにはそれなりの文章などに触れなければならないし、コメントを書くということは仮にななめ読みであってもちょっとは読んでいるわけ。

一つのやつを30秒ほどで読んで30秒でコメント書いたとしても、200もつけたら200分、つまり3時間以上そういうことに費やしていることになる。もし会社員だったら、ここまでサボると懲戒事由になっちゃうよな。まぁ、ネットでの情報収集が自分の仕事に直結してるのなら別だけど。会社も、こういう人たちの行動は、しっかりと把握しておいたほうがいいよな。

ほんと、ブコメとかワンサカ生産している人はなにしてる人なんだろうね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4673

2015年12月01日

育てなきゃいけない先生に教わる生徒ってどうなの? 

[これでいいのか]
(社説)先生を育てる 一つの型にはめないで - 朝日新聞

俺は先生が嫌いだ。その原因はこんなことあんなことだったりするのだが、とにかく「先生は偉い」感を醸し出しているのが苦手。これは多分環境によるもので、「社長!」とか「先生!」と呼ばれているとなんとなく偉くなったような気になってしまうのはわからないでもない。だがやっぱり嫌いだ。

俺の先生嫌いの根底には、俺があたった先生には、人生の師として尊敬できる部分があまりにも少なかったことがあると自己分析している。これから社会で生きていくための心構えとか気をつけるポイントとか、先生からは一切教わることはなかった。それを教えてくれたのは会社の上司・先輩だけだった。

だから、こんな先生の教育に力を入れるより、10年以上の一般企業等での社会人経験を必須にしたほうがずっとマシだと思っている。今の先生は学校を出て世の中の厳しい風にさらされること無く、まるで無菌の試験管ベビーのまま先生にっているとしか思えない。その薄っぺらい経験で、子供に何を教えるというのだろう。経験不足ではモンペに対抗する手段も持てないだろう。

繰り返すが、こんな事をやるより、一般企業でしっかりと実績を作れた人だけ先生にするほうがよほど効果的だ。実現は難しいだろうが、ぜひ検討して欲しい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4660

2015年11月26日

俺もリストバンド型はダメだと思う 

[これでいいのか]
リストバンド型で何かを作ろうと思うこと自体が間違いなのでは?

俺も、リストバンド型は流行らないと確信している。なぜなら情報量があまりにも少ないからだ。スマホでさえ大画面化が一つの流れにあるのに、何を好き好んであんな小さな画面でちまちまやらなきゃならんのか理解できん。

それだけでなく、いちいち時計を見るような動作をしなきゃならん。あれだったら黙ってスマホを手に持って使えばいいじゃん。リストバンド型ダメすぎ。何かトンデモない機能でも持たないかぎり、絶対に普及しないはず。

だからGoogleGlassが、プライバシー問題といったくだらん理由で一般消費者向けの販売を中止したのはショックだった。あれこそがこれからの主流だと思っていたのに。プライバシーを保護したいなら、隠すんじゃなくて爆発的な情報量の中に埋もれさせるという手もあると思うんだけどね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4657

2015年11月04日

セブンイレブンのコーヒーがまずくなっている 

[これでいいのか]
先日、久々にセブンイレブンのコーヒーを買って飲んだ。味は水っぽくなって、コーヒーフレッシュに負けてしまっていた。香りもイマイチだし、何より単なるローストがきついだけのコーヒーになっているように感じた。はっきり言ってしまえば、やっぱり100円のコーヒーだよねってレベル。

出たばかりの頃は「この品質を100円で出されたら辛いなー」というクオリティだった。そのクオリティはしばらく維持されていたように思う。実際今年の夏まではそこそこ美味しかった気がする。まぁ、夏はIce Coffeeしか飲まないのでホットの状況は今ひとつ定かではない。それでも入れた時の香りはもっと良かったように記憶している。

それがどうだ。上にも書いたが、コーヒーがフレッシュに負けてしまっている。コーヒーはまずはそのまま飲んでみて、その後コーヒーフレッシュを入れてみると味の状態がよく分かる。ブラックだとわからなかった味の強さがコーヒーフレッシュを入れることでよく分かるようになるのである。フレッシュを入れて水っぽく感じたり、フレッシュの味が強めに思えた場合は、コーヒー豆の挽き具合が荒くなっていたり、水の量がおかしくなっていたりする場合が多い。ただ、セブンイレブンの場合はしっかりとした機械だし、メンテナンスも確実に行われているだろう。だから機械の調子が悪かったとは思えない。今回はいったコンビニでは2台のマシンがあったが、そのどちらとも同じ味だった。だから豆の品質が変わったとしか思えないのである。

最初に品質の高いものを出し、その後徐々にわからないレベルで品質を下げてコストダウンを図るのはよく使う手口だ。俺とて毎日飲んでいたら味の違いはわからなかったかもしれん。だが、確実に味は落ちている。

コストパフォーマンス抜群だっただけにとても残念な気持ちでいっぱいだ。ただ、あのコンビニだけの現象という可能性も否定出来ない。だから他のセブンイレブンでも買って飲んでみようと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4641

| Next»