Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2010年08月13日

浦島太郎の気持ちが少し分かった気がする

[つれづれなるままに]
最近、鏡やガラスに映った自分を見て、「なんじゃこりゃぁ」とか「誰じゃお前は」と感じることが多くなった。容姿は完全に中年親父であり、若さもへったくれも無い。少し前なら「まだまだ若い」とかお世辞を言われることもあったが、最近ではそんな言葉を聞いたことが無い。まぁ鏡に映った姿を見ればそれも納得せざるを得ない。

そんな外見とは裏腹に、気持ちの方は昔からそんなに変わっているわけではない。感情の起伏が少なくなった感じがするくらいである。だから外見の変化に感覚が付いて行かないのかもしれん。逆に考えれば、老いた自分の姿に気持ちが引っ張られてしまい、いつの間にか心身ともにジジ臭い親父になっていくのだろう。白髪を隠したり若そうな恰好をしたりなど無理して若く見せようとは思わないが、自分の老いた姿に驚くというのもなんだかなー、である。

50ちょっと前ってのが一番老けこむあたりなのかもしれんね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2010年08月13日 23:00:00



コメント

ぷえる

自分も鼻毛に白髪が混じった時はかなりショックでしたw
2010年08月13日 23:24:01

oyajiman

俺なんてあらゆる毛に白髪が混じってきていて、真面目に「なんじゃこりゃあ」です。最初は驚いたけどだんだんどうでも良くなってきてます、ええ。
2010年08月16日 19:31:48

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=2940
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする