Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2020年01月13日

あっぱれな予選敗退だったな

[決めてくれ~~]
昨日のシリア戦、途中から「勝てないなこりゃ」と思っていたら、勝てないどころか負けやがった。その引き金になったのはバックラインでのリスクを無視したショートパス回しだったのは言うまでもない。後半終盤はお互いに疲労が溜まっていたせいか、あらゆる場面でミスが目立った。シリアもディフェンスが信じられないようなパスミスを連発していたが、その後に日本もしっかりと同じことを繰り返した。ミスは同じくらいだったのだろうが、それを「ものにするんだ!」という気迫の差が出たというところか。

それにしても1試合を残して予選敗退が決まったのは、フランスワールドカップ以外に記憶にないのだけれど、どうなんだろう。それも全く勝てる感じがしないまま終わったなんて、あまり記憶にない。ここまでの状態で、まだ森保監督に任せるのだろうか。

負けたら終わりの試合で、いつもどおりに2試合目に大きくメンバーを入れ替えて望む。そのやり方は就任当時から変わっていない。代表の試合はクラブと違うのだ。短期間で急造チームに結果を出させなければならない。代表は育成の場でも何でもない。純粋に結果だけを求められるものだと思う。こんなこと、俺が言うまでもない話だ。

試合後のインタビューも聞いていて腹立たしくなる。負けて悔しくないのか?それもあんな不完全燃焼の試合をして、だ。選手から戦う姿勢はほとんど感じられなかった。技術、体力ともにシリアに劣っている部分はない。だが、負けた。残り時間も少なくなってから少し慌てた感が伝わってきたが、きれいに攻めたいというふうにしか見えなかった。パスか来てからパスの出す相手を探し、かつパススピードも遅い。そのうえドリブルも仕掛けない。あんなので攻めきれるわけがないじゃないか。

今回の2試合で、多少気合が伝わってきたのは食野、相馬くらいか。もうみんな落第じゃ!。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2020年01月13日 22:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5422
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする