Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2019年05月24日

GoogleにArmまでも・・・

[つれづれなるままに]
先日、GoogleがHuawei向けのサービスを停止するという発表があった。

米国と中国の貿易戦争、とりわけ情報機器関連は国防上の問題も含むため、米国はとにかく強く出てくるだろうとは思っていたが、こんな手があるとは。さらにはArmまでもライセンス供与を停止とのこと。やることが半端ない。

日本国内も大騒ぎで、キャリア3社が新商品の発売を見合わせる模様。日本では「安くて高性能」と大々的に報じられているHuawei端末なので、この新商品が発売できないのはちょっとした痛手だろう。

部品供給の面でも日本は打撃を食らうと報道されているが、これは本当なんだろうかなー。Huaweiの機械が売れなくなれば、その隙間をどこかが埋めてくるだろう。それには当然部品供給が必要なわけで、打撃も一時期的なんじゃなかろうか。というか、Huaweiに肩入れしたような報道が多いように思えるのだけれど、少々偏りすぎじゃね?

対するHuaweiであるが、こちらはAndroidに変わる独自OSを開発しているだのArmがなくてもKirinで大丈夫だの、こういう場合に備えて準備はしている模様。一気に息の根を止めないと、中国での消費でとりあえず生き延びて逆襲してくる可能性も否定できない。

さぁ、勝つのはアメリカか中国か。この戦いは相手が崩壊するまで続くんじゃないかなぁ。となればトランプ政権が長く続けば中国の負け、トランプがいなくなれば勝敗は不透明ってところだろうか。トランプに対する風当たりはますます強くなるんだろうね。それでもアメリカにはスパイ防止法があるからまだマシ。日本の場合は中国の味方をする人もかなり出るだろうね。知らんけど。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2019年05月24日 22:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5345
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする