Linuxからアホ話まで、何でもありでござる
Next»

2021年07月23日

オリンピック男子サッカー 南アフリカ戦

[決めてくれ~~]
オリンピック男子サッカーの初戦は、コロナでお騒がせの南アフリカが相手だ。

試合は序盤から日本ペースで進む。南アフリカがこんなに圧力もなく、ただ受けるだけの試合運びをするとは思っても見なかったので少々驚いたが、そんな南アフリカに対し、伝統とも言える「無理しないでかっこよく」パスを繋ぐ日本。さらにはこれも伝統の「シュートが枠に行かないorキーパー正面」が続く。

後半も同じような展開だが、疲れのせいか、南アフリカに攻め込まれるシーンも出てくる。相手は俊足の選手が数人いて、高いラインを保った日本のサイドの裏側にポーンと出してきたりする。日本は相手を潰しに行くのだが、結構あっさりかわされたりしているのが恐ろしい。

試合は久保の個人の力で勝点3をもぎ取ったが、それ以外ではほぼ見るところなしである。泣ける。

同じグループのメキシコーフランス戦を見たが、いずれもサイドに俊足の選手がいて不安はますます大きくなるばかりである。アイツらは南アフリカの選手より遥かにうまく、個でも組織でもかなり高いレベルにある。アイツらを日本は止められるのか、心配だ。

それにしても林である。俺は林が日本のキーマンだと思っている。林が1点でも取れれば、日本は上り調子になると見ている。しかし、このままであれば、日本にメダルの可能性は殆ど無いだろう。メキシコは強い。もともとメキシコは相手の分析に長けていて、その戦術で実力以上の力を発揮することがままある。W杯の決勝トーナメントに必ず残るのは、そういう力があるからだ。それに比べ日本は練習試合の段階から手の内をさらけ出し、分析されまくりの状態にあると見て良い。隠し玉は三苫くらい。それも周囲と噛み合うかは不明だし、三好の代わりに三苫となれば、爆発的な戦力アップになるとは考えにくい。0トップで三好、久保、堂安、三苫というのは面白いかもしれんけど。

このグループはメキシコ3勝、日本、フランス1勝1敗1分、南アフリカ3敗とか、メキシコ・日本・フランス2勝1敗、南アフリカ3敗という可能性が十分あるので、得失点差も大きなポイント。そんな中で南アフリカに1点しか取れなかったのは後々響きそう。また、あの変な笛でのイエロー3枚は少々ヤバめ。メキシコ戦で大事なフランス戦の出場停止者が出てしまう可能性があるのは痛い。

次はメキシコ戦。今日みたいな戦い方だとほぼ負けると思っている。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5555

2021年07月23日

オリンピック女子サッカー カナダ戦

[決めてくれ~~]
オリンピックサッカーが開会式前に初戦を迎えている。

先に開催されたのは女子で、相手は強豪カナダである。試合はあっけないくらい簡単に先取点を奪われる苦しい立ち上がり。その後は押し込んだり押し込まれたたりと、実力はほぼ拮抗しているように見えた。

日本が苦しくなった要因のひとつに、日本のダイナモである中島がパッとしなかったことが挙げられる。ポジション取りに迷いが感じられ、ダイナミックな動きも少なかった。三浦と塩越と相性が良くないのかもしれん。

全体的に???と思ったのが、横パス等が後ろに流れてしまう場面が多かったことだ。そのため受ける側は下がってボールを受けなければならなくなった。また、パススピード、パスの判断も遅く、相手に時間を与えてしまうことが多く見られた。カナダには日本のメンバーより足の速い選手も多く、ちょっとした時間を与えてしまうことでチャンスの目が消えてしまったようだ。

南、北村もいつもの感じではなかったように見える。大舞台のプレッシャーなのだろうか。塩腰はなかなかいい出来だったと思うが、もう少し足が速ければどれだけチャンスを作れただろうと思ってしまう。ま、相手が速かったんだろうけど。菅澤も頑張っていたけれど、どうしてもトラップが大きかったりしてボールが収まりにくかったのはいつもの通り。もう少しで前線で時間を作ってくれる選手になれるはずなので、期待して待とう。

PKは・・・ちょっと飲まれちゃったかな?TVで見ていて、田中の表情に高揚感も迫力も見て取れなかったので心配していたが、その心配が当たってしまった。俺は絶対岩渕がキッカーになると思っていたのだけれど、誰も話し合う様子もなかったのは不思議。

負けてもおかしくない試合だったが、岩渕の力でなんとかドローに持ち込めたのは幸いだった。女子サッカーは参加12チームのうち、グループリーグで落ちるのはたったの4チームなので、決勝トーナメントに向けてコンディションを調整すればいいと思う。全体的に力は拮抗しているようなので、コンディションとキーマンが出るか出ないかにかかっているのかもしれん。さて、次はこれまた強豪のイギリスだ。どんな試合になるか、楽しみである。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 21:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5554

2021年07月21日

ホテル・サンセットビューインシャーベイ

[廃墟]


1980年頃開業し、2000年頃に閉館したホテル。六田原展望台と隣接している。本館だったであろう場所は、GoogkeMapで見る限り更地にまではなっておらず、基礎の部分は残っている模様。そこに向かう入り口は立ち入り禁止である。
[拡大]

手前のコテージタイプの棟は、現在工事中に見える。
[拡大]

当時を偲ぶ案内板。ほとんど読めない。
[拡大]

広場には噴水があったようだ。
[拡大]

噴水近くの建物は枠組みしか残っていない。
[拡大]

この建物の奥に、本館であったであろう場所に行ける階段がある。その手前にも取り壊されていない建物がある。
[拡大]

その脇には数棟あると思われるコテージタイプの建物が、こちらもまた工事中のようだ。
[拡大]

一番興味深かったのは、噴水跡の手前にある公衆トイレ付近から、上に登れる道があったことだ。どこに続いているのだろうか。きちんと防備して登ってみたい場所だった。
[拡大]


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5551

2021年07月19日

六田原展望台

[廃墟]

六田原と書いて「むたばる」と読むらしい。昨年秋は草ボーボーで廃墟のようだったが、今年に入ってきれいに整備された。

[拡大]

草ボーボーだったところもきれいになっている。
[拡大]

景色は絶景だ。
[拡大]
[拡大]

ここまで登る道路は、勾配、カーブともにかなり険しいので注意。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5550

2021年07月16日

U-24 ホンジュラス戦

[決めてくれ~~]
前半はもっと点数が取れたこと以外は、ほぼ文句なしの内容だった。後半は相手にフレッシュな選手が増えたこと、前線が前田に変わって厚みが無くなったことなどが影響して押し込まれるも、終盤では押し返して勝利。前田については良い評価も聞かれるが、個人的には???が多かった。

FWの総評としては、この動画が俺の言いたいことが具体的に述べられていて素晴らしい。


終了間際に出てきた育成の藤田譲瑠チマはいい選手だ。最終ラインとのバランスをうまく取り、一気に落ち着いた。将来が楽しみだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5549

2021年07月14日

物事は多方面から見ましょうね

[これでいいのか]
ちょっと気になる記事があった。
巧妙化する「排除アート」 誰にもやさしくない都市が牙をむく時
確かにこういった長居しにくかったり座り心地の良くないベンチが増えているように感じる。これを「排除」と言えなくもない。しかし、もう一方ではこういう事実もある。
仙台・青葉通地下道内の噴水、市が撤去へ 2008年から止水状態、修繕費など考慮
この地下通路は、出来た当初はとてもきれいでいい場所だった。味気ない一般的な地下通路とは全く違う場所だったのだが、いつの間にかホームレスが住み着くようになる。この噴水で洗濯をするだけでなく、周囲に糞尿を垂れ流す始末。ホームレスの排除のため見回り回数を増やしたりしていたが、一向に解決されない。きれいだった地下通路は悪臭が漂うようになり、結局水を止めざるを得なかった。

人間は生きるために虫や害獣などを寄せ付けない街作りをしている。いつぞや札幌市にヒグマが出没したが、ヒグマが出ると弱者の人間の行動は制限される。安全のため、ヒグマとの距離を置くためだ。誰もヒグマと共存したいとは思わないだろう。だから距離を置き、解決しない場合は時期を見て排除する。こう言うと極論に思うかもしれないが、要は程度問題なのだ。どの程度まで許容し、どこから排除するのか。その枠組みの話なのに、白か黒かで話をつけたがるから話がまとまらないのである。ついでに言うと、誰もホームレスを減らそうという話には持っていかないのが誠に素敵で不思議である。アホらし。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5548

2021年07月12日

レキオリゾートホテル

[廃墟]
沖縄県の国道331号線のこのあたりを走っていると、山の中腹に白い建物が見える。



この建物はレキオリゾートホテルと言って、1988~1993年の数年間のみ営業していたホテルらしい。

落書きがひどく、また、窓等も全くない。一応外観だけ確認。

[拡大]

[拡大]

[拡大]

[拡大]

[拡大]



ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 21:07:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5547

2021年07月01日

W杯アジア最終予選組分け決定

[決めてくれ~~]
アジア最終予選の組分けが決定した。

森保ジャパンはオーストラリア、サウジ、中国と同組 W杯アジア最終予選

日本はB組で、オーストラリア、サウジアラビア、中国、オマーン、ベトナムとの組み合わせだ。

中国が驚異だのサウジとは当たりたくないだの、いろいろな意見があるが、アジア最終予選でモタモタしているようではどうしようもない。まぁ、コロナと同じで危機感を煽っていく報道手法なのだろうが、馬鹿なことをしない限り余裕なはずだ。というか、この組み合わせで上位2カ国が無条件出場なのだから、楽勝過ぎてあくびが出るくらいだ。前回同様6勝2分2敗か6勝3分1敗は確実だろう。そもそもオマーン、ベトナム、中国の6試合で5勝は可能。サウジとオーストラリアの4試合で2勝は計算できる。取りこぼしが1〜2試合あるとしても余裕で通過のはず。

それでもやはり真剣勝負は面白い。早く始まらないかなぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5546

2021年06月30日

アニサキスを殺せ

[つれづれなるままに]
美味しい魚介類にミソをつけてくれるのが寄生虫。その代表が「アニサキス」である。昔はスルメの表面にアニサキスの渦巻き模様がついているものも多かった。イカ刺しに飾り包丁を入れるのもアニサキスを切るためである。このアニサキスは寄生虫なので冷凍か熱すれば死んでしまう。なので、安全に食べるには熱を加えるか包丁で切るか冷凍するかしか手はなかった。

そんなアニサキスを手っ取り早く殺す方法が開発されたらしい。
パルスパワーを用いた新しいアニサキス殺虫方法を開発 ―アニサキス食中毒リスクのない刺身―
要は、大電流のパルス電流にてアニサキスを殺すものらしい。電流の大きさはこの記事からはわからないが、200V(or 100V)の電源から電気エネルギーをコンデンサに貯めてから放出とのことなので、瞬間にかなりの電流が流れるのは想像に難くない。これで風味を損ねることなくアニサキスだけを殺せるとのこと。これを使うと、船で釣り上げた直後に生で美味しくいただくとかができる感じ。キッチン付き船でレストランとかできんじゃね?とか思ったのは俺だけかな?

美味しいイカ刺し食いてぇなぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5544

2021年06月28日

TVの偏向報道が酷すぎる

[だめだこりゃ]
先日久々に夜のTV報道番組を見た。サンデーステーションとか言うやつだ。その番組では、ワクチン接種率の高いイスラエルで感染爆発している、というニュースを初っ端に放送していた。で、その肝心のイスラエルの状況はこれ。
イスラエルにおける新型コロナウイルスの感染状況・グラフ
6月24日時点でピーク時の1%、絶対数では194人である。激減したときの感染者数は20名以下だったので、それから比べれば確かに増加している。しかし、イスラエルの人口は約900万人。東京の感染者数より遥かに少ないのだ。これで感染爆発といえるのだろうか。誤差の範囲にしか見えないのだが。

更にコロナの危険性を煽る報道が続く。コパアメリカでの感染増を例に取り、スポーツイベントで感染者が増加していることを嘆く。だが、何故かEURO2020については報道しない。当然大谷が活躍している大リーグもだ。ネガティブ要素だけを報道するのはいかがなものか。オリンピック開催で感染者が増加した時に、政権を貶めるための布石なのだろうか。

感染予防がうまく行っているイベントなどは一切報道しない。出てくるコメンテーターや専門家(と呼ばれる人)も、具体的なデータなどは一切示さず、個人の感想ばかりである。こんな番組ばかり見ていては正しい判断などできるはずもない。TVはどんどん自分の首を締めているように思える。TVは見るもんじゃないな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5545

2021年06月26日

鎌田大地ハンパない

[決めてくれ~~]
鎌田がA代表に呼ばれてから結構な日数が経過した。最初の頃は周りとの連携が取れず苦労していたが、最近は鎌田無しの布陣は考えられないのではないか?と思うくらい重要な選手となった。

もともとスキルの高さは折り紙付きだが、ここに来てその能力は違う段階まで来たように思う。大迫もそうだが、鎌田もボールが来たらまず取られることがない。パスを出してもピカイチ、ポジション取りもスバラしく、シュートも正確。見ていて「う〜ん」と唸らされることばかりだ。

プレースタイルは全てが相手より一瞬速く、姿勢もぶれない。その見た目から、相手を小馬鹿にしたような感じにさえ見える。まるでプラティニとかジダンのようである。最近の代表では鎌田のプレーを見るのが1つの楽しみになってきた。今度は何をしてくれるのだろうという期待感がハンパないのである。

9月2日から始まる最終予選では、期待以上の活躍を見せてくれるに違いない。鎌田のプレーに注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5543

2021年06月24日

宮市がマリノスに来る!

[決めてくれ~~]
元日本代表FW宮市亮が横浜M移籍へ 2010年アーセナル入団も度重なる大きな故障…日本で再起図る

なんということだ。宮市が日本で見れる!

宮市にはずっと期待していた。高校時代からそのスピードは抜群で、宮市にボールが渡るとワクワクしてしまうような選手だ。将来を期待されながらも、度重なる怪我に泣かされてきた宮市。怪我をしていなかったらどんな選手になっていただろうか。

そんな宮市がついに日本で見られる。どんなプレーを見せてくれるのか、期待せずにはいられない。がんばれ宮市。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5542

2021年06月22日

581日ぶりの表彰台と喜んではいられない

[Bike!Bike!Bike!]
マルク・マルケスが581日ぶりに表彰台に立った。レースは序盤を見逃し、残り23周回ぐらいから観戦。この時点でM・マルケスは既にトップを走っていた。その直後に白旗が振られるが、ここからマルケスが一気に差を広げる。接戦だったレースが、この数週で2秒近いアドバンテージになる。

その後、「また転倒するんじゃないかな?」とヒヤヒヤだったが、マルケスは無難に走りきり優勝。まだ怪我前のモンスター的なマシンコントロールにまでは戻っていないようだが、それなりに戦える感覚が戻ってきたようだ。

しかし、HONDAはまだまだ迷宮から脱していない。P・エスパルガロが10位、中上は14位、A・マルケスは転倒リタイヤと、全く戦えていない。そもそも予選でほぼ全マシンが1秒以内の中に入るという不思議な結果で、本間利彦さんの分析によると「マシンが悪いと差が出にく」く「シャーシが良くないと差が出ない」とのこと。「MotoGPは、オートバイの性能を競うものではなくて、ライダーの速さを競うものになっている」という言葉が耳に残る。SUZUKIも迷宮に入ってきたのか?YAMAHAも速いのはクアルタラロのみ。単にライダーの才能のみで勝っていると言うのは的確な指摘だと思う。全体的に扱いやすいのはDucatiとKTMなのかもしれない。どうした日本メーカー!


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:06:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5541

2021年06月20日

さよならBlogPeople

[サイト運営]
BlogPeopleのサービスが2021年05月31日を持って終了した。

【重要なお知らせ】「BlogPeople」の終了について
平素は「BlogPeople」をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

2003年11月にスタートした「BlogPeople」ですが、17年半ほど経ち時代の移り変わりに伴い運営コストがまかなえずサービスの提供が困難となりましたため、2021年5月31日(木)をもちまして、サービス提供を終了させていただくことになりました。

ご利用の皆さまにはご迷惑をおかけいたし、大変心苦しく存じております。
誠に申し訳ございません。

なお、サービス終了後は更新PINGの受信、リンクリストの配信等のこれまで「BlogPeople」が提供してきたサービスは利用できなくなりますので、大変恐縮ではございますがブログの設定等の変更をお願いいたします。

これまで「BlogPeople」をご愛顧くださり、誠にありがとうございました。
あらためまして、深く御礼申し上げます。

残りわずかではございますが、どうぞよろしくお願いいたします。

BlogPeople事務局

一時期このサイトはBlogPeopleの被リンク数が300を超えていたのだが、なんの気なしにこの被リンクを全て削除してしまったことがあった。なぜそんなことをしたのか今でもよく思い出せない。しばらく経ってから復活を試みたが、無理だった。BlogPeople事務局とかにも頼んでみたが、完全に無くなったデータは復旧できないのは当然。あのときはおせわになりました。

こういうサービスが無くなっていくのは寂しい限りだ。スキン等からも削除しなきゃ・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5540

2021年06月18日

ドメイン更新忘れてた

[サイト運営]
このサイトを開設して17年。最初は自宅サーバとminidnsに登録してDDNSで運用していた。oyajiman.netのドメインを取得したのは2006年の6月のこと。自宅サーバと独自ドメイン+DDNSでの運用は、その後しばらく続けていたが、転勤で自宅を離れている時間が長くなり、サーバダウンでの速やかな対応ができなくなったのでレンタルサーバに切り替えた。それが2013年7月の頃だ。

今年6月に入り、このサイトにアクセスしてみたがつながらない。おかしいなーと思いつつサーバの設定を確認したが問題なし。???状態だったが、そのうち変な画面にリダイレクトされる。あれ?これってドメイン更新が切れたときに似てね?

思い出してみると、毎年更新の案内が来るはずなのに今年は未だ来ていない。このドメインはもともとLivedoorで取得したものだったと思うが、それがEX-Cloudというところに移管されたのが数年前。いつもならここで更新するので、改めてEX-CLOUDにアクセスしてみると・・・なんと、ドメインキングにリダイレクトされるではないか!ちょっと意味がわからず戸惑う俺。

なにか手がかりはないかと過去のメールを漁ってみるとありました。なんとまぁ、2019年7月にEX-CLOUDからGMOクラウド株式会社にサービスが移管されている模様。案内メールが2020年1月に再送されていたが、全く気がついていなかった。なんたるちあである。この時点が6月2日。

慌ててドメインキングにアクセスしてみるが、そもそもドメイン登録に使用していたメールアドレスさえ覚えていない。思いたるのは3つほどあったが、そのうち1つはこのサイトのドメインでのメールなので、DNS登録が無効になっている今、このアドレスに届くはずはない。もう一つはとっくの昔に解約したプロバイダのメールなので、こちらも届くわけがない。絶望的だ。

ドメインキングに問い合わせてみると、登録していたメールはやっぱり既に使用できないもので、また、登録していた郵便番号がおかしくて確認に手間取る始末。いや、あれはね、郵便番号が自動で登録されるシステムだったんだけど、何故俺の住所だと郵便番号が表示されないもしくは違う住所に書き換わってしまったので、ダミー的に入れた郵便番号だったんだよね、たしか(うろ覚え)。

それでも郵便番号以外の情報は合致していたらしく、とりあえず更新費用を入金して復活することが出来た。助かったぁ。この入金時もちょっとトラブって、ネット銀行のワンタイムパスワードの送付先が、このサイトのドメインのメールにしてあったから、当然受信などできるはずもなく、そのうえワンタイムパスワード受信のメールアドレスを変更する際も、この受信できないメアドにワンタイムパスワードが送られてくるという無限地獄に。

銀行まで行って振込手続きをして、翌日やっと復旧。ヤレヤレだぜ。

このトラブルで知ったのだが、ドメインって有効期限から40日以上で復旧費用が必要となり、有効期限から60日ほどが経過すると一般解放されるまで復旧も取得もできない状態になるらしい。恐ろしや恐ろしや。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - 2 コメント - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5539

Next»