Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2005年01月31日

熟年離婚は男だけが悪いのか?

[これでいいのか]
土曜日のブロードキャスターで「熟年離婚」についての話題が挙がっていた。今の熟年離婚は夫の浮気とか暴力といったことだけでなく、積年の恨みを晴らすためというのが増えているといったような話だった。熟年離婚の危険度チェックなんかもしてたな。

だけど、聞いていて俺は釈然としないものがあった。なんでもかんでも全て夫が悪いような風潮だが本当にそうなのだろうか。確かに女性が経済的に自立できるようになってきて、以前に比べて男性の我儘を聞いてあげなければ生きていけないなんてことは少なくなってきているだろう。だからといって女性の言い分だけを取り上げていくのはいかがなものなのか。本当に男だけが我儘で自分勝手で女はそれに耐えているだけなのか?積年の恨みは男にだってあるぞ。

上の熟年離婚の危険度チェックだって、すれ違いに至った原因の全てが男にあるとは到底思えない。きっかけはどちらにあるかわからないが、北風と太陽の寓話の北風を地で行っては何の進歩もないだろう。

男は子供みたいに単純だから男を悪くしておけば丸く収まるのであればそれでもいいが、こんな風潮では本当に女性が力をつけたときに苦労するのは女性ではないのかと思うのは俺だけだろうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2005年01月31日 12:44:18



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=456
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする