Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2014年11月23日

最近の日本のアニメは本編部分が少なすぎていないか

[つれづれなるままに]
最近Huluで寄生獣を見ているのだが、オープニングの歌が長すぎてかなりウンザリする。気になったので少々調べてみた。データはHuluにある奴の第一話を使ってみた。

ルパン三世(1971) 24分45秒 オープニング 1分25秒 次回予告含むエンドロール 1分40秒 本編21分40秒
仮面ライダー(1971) 24分50秒 オープニング1分20秒 次回予告含むエンドロール 1分10秒 本編22分30秒
うる星やつら(1981) 25分40秒 オープニング1分30秒 次回予告含むエンドロール 1分50秒 本編22分20秒
キャプテン翼(1983) 24分20秒 オープニング2分20秒 次回予告含むエンドロール 1分50秒 本編20分10秒
キャッツアイ(1983) 24分40秒 オープニング1分30秒 次回予告含むエンドロール 2分00秒 本編21分10秒
北斗の拳(1984) 24分20秒 オープニング2分10秒 次回予告含むエンドロール 1分50秒 本編20分20秒
ポケットモンスター(1997) 22分50秒 オープニング1分30秒 次回予告含むエンドロール 1分50秒 本編19分30秒
ナルト(2002) 23分20秒 オープニング1分00秒 次回予告含むエンドロール 2分00秒 本編20分20秒
ひぐらしのなく頃に(2006) 23分40秒 オープニング2分05秒 次回予告含むエンドロール 1分55秒 本編19分40秒
HUNTER x HUNTER(2011) 23分40秒 オープニング1分20秒 次回予告含むエンドロール 1分35秒 本編20分45秒
寄生獣(2014) 22分50秒 オープニング1分50秒 次回予告含むエンドロール 1分25秒 本編19分35秒

ちょっと見た感じでは相関性は見られない気もするが、1980年より前は本編が明らかに長い。それが大体20分前後になって落ち着いている感じ。となれば、長く感じるのは量ではなくて質が原因かもしれん。昔のアニメの主題歌はそれなりに本編にあっていたが、今では「ナニコレ?」みたいなのが多いような気がする。小さい頃見たアニメは全てそのアニメオリジナルの曲だった。だからその曲自体がアニメの一部のように思えていたのかもしれんね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2014年11月23日 01:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4387
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする