Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2014年09月11日

ウルサイ車は排除して欲しい

[つれづれなるままに]
警察は、なぜ未だに爆音を立てて走っている車やバイクをもっと厳しく取り締まらないのだろう。スピード違反などの取り締まりも危険防止には役立つかもしれんが、大多数に迷惑をかけているのは爆音を響かせて走る車の方ではなかろうか。クラクションを平気で鳴らす輩も一緒だ。必要以上の騒音を出す奴らはどんどん取り締まって欲しい。うるさくてかなわん。

それだけでなく、なにより心臓に良くない。突然の爆音やクラクションは本当に驚く。大体クラクションをよく鳴らす人間は辛抱が足らん人種が多い。ちょっとした事、それも自分が気に喰わないことで頭に血が上り、その怒りをクラクションによって表す。性格的に交通事故を引き起こしやすい人種ではないかと思っている。それを取り締まるのは、交通安全の推進には何より効果的なような気がする。ドライブレコーダーならぬクラクションレコーダーみたいなのを義務付け、クラクションを鳴らす頻度を計測したら面白い結果が出るに違いない。それは運転に対する心構えがそのまま現れるような気がする。

そもそもクラクションを鳴らす意味がわからない。危険回避であれば、クラクションを鳴らす暇があったらアクセル・ブレーキとハンドルの操作に意識を集中して回避したほうが効果的だ。というか、クラクションは危険回避もしくは指定された場所以外での使用は禁じられている。そのことをしっかりと認識すべきだ。違反なのだから、バシバシ取り締まって欲しい。

ちなみに俺は車とバイクのクラクションは、間違って鳴らした以外で鳴らしたことはない。というか、鳴らそうという考えさえ浮かばない。鳴らした本人が一番びっくりしてしまうからだ。ピッっと鳴らしてドッキリし、しばらくドキドキが止まらん。運転していて一番驚くのが間違ってクラクションを鳴らした時といっても過言ではない。そんな俺なので、クラクションに対する嫌悪感は普通の人より強いかもしれん。それでもウルサイものはウルサイのだ。ホント勘弁してよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2014年09月11日 23:38:47



コメント

Cyber

oyajimanさん、おひさ。

 同感ですね~
鉄とガラスに包まれた車内では、生身の歩行者が受ける怨霊は、おっと音量と衝撃は図れないですね~。

 昔々、カーグラTVでミラノの石畳の道を、フェラーリが歩行者の後をノロノロ走っていたのを憶えています。
車社会が熟成するとこういうのが当たり前との解説が印象的でした。

 好きなクラクションの音ってのが、自分の中にはあります。
一番はガンディーニ・マセラティーのエアホーン。
フェラーリほど甲高くなく、気に入ってました。
ある時、スイッチをメンテしようとして開けたらば、絶縁体に紙の切れっ端が使われていた事、、ズッコケタ、、流石イタリア。

 音色と音量で相手に与える印象は随分と違いますよね。
拙は国産車の刺激的で金属的で安っぽい音がどうにも嫌いで、中古で探したメルセデスのホーンを使ってます。
音が柔らかいんですよ。
勿論車検もOKです。

 またガンディーニ・マセラティー、乗りたいな。
乗る側も歩く側も、お互いハッピーじゃないとね。
2014年09月12日 02:49:45

oyajiman

Cyberさん、おひさしぶりです。
そうそう、音って音質で結構感じ方が変わりますよね。確かに国産車のホーンはちょーチープって思います。鳴ればいいってもんでもないでしょうにwww 個人的にはゴッドファーザーの6連ホーンが印象に残ってますってか。
2014年09月13日 14:25:40

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4328
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする