Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2013年07月07日

ドギュンとぶち抜かれました

[Bike!Bike!Bike!]

数日前の天気予報は雨だったのだが、なぜか持ちこたえたので今日も出かけた。行く先はもちろんニセコ方面。今日は前回と少しルートを変え、国道230号線からそのまま道道66号線に入って604号線に抜け、国道5号に出たらUターンして同じ道を戻る道順で行くことに決定。片道だけじゃもったいないからね、あの道は。

早速走りだすが、今日は前回に比べて交通量が多い感じ。途中で休憩したところにラリー開催のポスターがあった。なんだか気合の入った車が目に付くと思ったらこれか!

気温も高く、かつ本州のように湿度も結構あって暑苦しい。脱水症状の回避とついでにカフェイン補給して目を覚まさないと眠くてたまらんので、今日は何度か休憩を挟んで走る。といっても休憩場所なんてそうそう無いんだけどね。

604号の途中でガソリンメーターが点滅し始めたので5号線沿いでスタンドを探すが、小樽方面に走ってもなかなかスタンドが見つからない。その上、今きた山の方は濃いガスがかかってきているのがふもとからもはっきり判ったので、同じ道を引き返すプランは急遽変更し、前回と同じ道で帰ることにした。まずはその場で5号線をUターン、途中でガソリンを入れ帰路につく。

しばらくして、なんだかさっき見たような風景が目に飛び込んできて我が目を疑ったが、気にせず進むと、なんとまぁ604号線の標識が・・・???である。帰路についたつもりが、途中でクルッと回って戻ってきてしまったようだ。こりゃもう一回走れという天の言葉に違いないと勝手に思い込むことにして、再度604号を走る。

604号から66号に入るとすぐにパーキングみたいなところがあるのだが、そこに「いかにも」という感じのマシンが数台停めてあった。多分ここを走り込んでいるライダーなんだろうなー、とか思いながら峠を登っていく。思った通り、途中からかなり霧が出ていて前が見えない。こんな状態では恐ろしくて走れたもんじゃない、とか思っていたら、いつの間にか後ろに先ほど停まっていたマシンが居るじゃないか!いや、後ろに張り付いても意味ないから!こんなの怖くて走れんから!とか思っていたら、ものすごいスピードでぶち抜かれた。前見えてんのかなぁ、あのライダー。

途中ションベン&カフェイン補給に停まったら、そのライダーもいた。タイヤはハイグリップ(型は・・・ワカラン)で、ぱっと見ただけで攻めているのが分かるタイヤの使い方だ。ああ、こんなマシンの隣に停めるんじゃなかったとか思いながらも自然現象と眠気には勝てない俺。とりあえずコーヒー飲んでたらそのライダーはいなくなっていた。

峠の逆側は超快晴だったので気持ちよく走って帰った。

本日の走行距離 370Km


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2013年07月07日 23:00:00



コメント

Cyber

oyajimanさん、おばんです!

>小樽方面に走ってもなかなかスタンドが見つからない。
 ほんと、北海道はデッカイどうで中々有りませんよね~。
しかもカードで入れたら200円/ℓ取られたし、、

>途中でクルッと回って戻ってきてしまったようだ。
 お恥ずかしながら、拙者は生まれついての方向音痴。
一番町のお店に入って、出る方角は必ず右。
金港堂とか東北大が見えた時は自分の馬鹿さ加減にがおったです。
お互いナビを、、御無礼m(__)m
2013年07月08日 22:30:54

oyajiman

いや、ほんと気をつけないと冗談抜きでガス欠しちゃいそうです。この恐怖は本州じゃなかなか味わえません。それにしても「がおる」って久々に聞きましたぜ、旦那。
2013年07月08日 23:18:09

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=3923
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする