Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2013年07月02日

ヒストリー・オブ・バイオレンス

[おやじのみた映画]
これもHuluで見た。この主演男優、なんだか見たことあるなーと思っていたら、ロード・オブ・ザ・リングのアラゴルンじゃないか。

最初からちょっと危ない雰囲気で始まるこの映画、バイオレンスもさることながら、家族の心情の揺れがなんとも悩ましい。それを淡々とと表現していくあたりがなかなかおもしろい。映画自体に破綻しているようなところもなく、かなりオススメ。特にハッピーエンドじゃない映画が好きな人は見て損はない。

このエントリを書くにあたって調べたら、なんとこの映画、監督がクローネンバーグだった。クローネンバーグの作品は、スキャナーズ、ヴィデオドローム、ザ・フライ、戦慄の絆、クラッシュとかを観たが、今回の作品がクローネンバーグのだとは気が付かなかった。言われてみればそんな気もするってところで、映画のテンポとかは確かにクローネンバーグという感じ。この監督のやつってあまりハズレがないんだよね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2013年07月02日 23:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=3919
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする