Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2004年10月14日

楽勝だったな

[決めてくれ~~]
勝ったから言えるセリフではあるが、やはりオマーン戦は楽勝だったな。いや、楽勝といってもオマーンをバカにしている意味ではないよ。相手をなめずそれなりに対処した結果、やはり格の違いと言うか、持っているポテンシャルの違いを明確に出すことが出来たと言う意味。本当はもっと見せ付けて欲しいんだが、そこまでは言うまい。

川口の「ポロリ」にはちょっと焦ったが、それ以外は得点される感じがほとんどしなかった。組織でも個人でもオマーンを完全に凌駕していたな。いつも文句ばかり並べてしまう三都主も、開始早々の時間帯は「こいつのところからやられそう」という雰囲気があったが、その後はまずまず。加地も同じ。サイドからちょっとやられても、中澤が「アジアの壁」レベルに達している今となっては、あまり脅威を感じなかった。がっぷり四つに組んで、力まずにじりじりと寄り切った感じだな。

俊輔からは誰もボールを奪えないし、伸二のボールは奪いに行くともう既に無い。その他のメンバーも同じだ。オマーンは今年2度の対戦と比べ、全く手ごたえを感じることが出来なかったのではないだろうか。「やはり勝てない」と思わせるには十分の内容だったように思う。まぁ、オマーンにシュートの正確性が出てきたらちょっと怖い気もするが、そのシュートの正確性は、強豪と言われる国とそうでない国のもっとも大きな違いなのだから、そう簡単に埋まるものではなかろう。

小野は相変わらずの存在感で、小野の大ファンの俺は本当にうれしいよ。

しかし、久保も中田も稲本もいない状態であの試合である。2次予選は取りこぼしが若干きくことを考えれば、これでドイツへぐっと近づくことができたな。

俺の心配は、これから何年か後に「中田、小野、中村」などの中心選手に変わる選手が出てくるのかと言うことだな。え?気が早い?そんなこと無いと思うぞ、俺は。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2004年10月14日 10:51:20



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=305
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする