Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2009年06月18日

ビデオを再生したような試合はもう結構

[決めてくれ~~]
昨日のオーストラリア戦は見事に負けた。オーストラリアは勝点20という一人勝ちで予選を終えた。

先制したのちパワーと高さでゴリ押しされ逆転負、いつかどこかで見た光景がまた繰り返えされた。日本が惜しかったシーンなどほとんどなく、セットプレーから1点は取って無失点記録を途切れさせるのが精一杯だった。

思い返せば、初戦のバーレーン戦、アウエーでのウズベキスタン戦、ホームでのカタール戦、そして昨日のアウエーでのオーストラリア戦と、なんと予選8試合の半分が押し込まれる場面が多かった試合だ。相手にとって安全なゾーンでのボールキープ時間が長いためボールポゼッションは日本が高い。しかし、肝心な場面では相手より弱い場面が目につく。昨日の試合とそれ以外の差は、ここぞという場面での「個人の決定力」と「個を生かす動き」だけであり、その力の優れたチームと対戦した場合は昨日のように負けてしまうだろう。簡単に言えば、日本は予選を勝ち抜いたのではなく、相手が勝手に潰れて行っただけなのだ。

オーストラリアは日本より選手間の距離が2〜3m長い。その距離を保てば相手の選手に囲まれない。あとは個の力をうまく組み合わせ、ここぞという時にきちんとスイッチを切り替えて相手を叩く。要は一人が負担できる範囲が広いのだ。ポジションチェンジなどもあまりなくクソ面白くないが、穴もないからそう簡単に負けない。悔しいが、今の日本では勝てないだろう。

昨日のメンバーで、ドイツでオーストラリアに煮え湯を飲まされたのは玉田しかいない。それも玉田は試合に出ていないのである。新たなメンバーが再び煮え湯を飲まされた。代表選手はこの苦い思いを力に変えることができるのだろうか。

俊輔がもしスペインに行き試合に出れない日が続くのであれば、代表での活躍は望めない可能性が高い。中澤はますます力が衰えるだろう。前途は多難だ。

最後に、おめでとう北朝鮮(つか、チョンテセ)。



ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2009年06月18日 23:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=2520
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする