Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2008年05月22日

加地の代表引退に象徴されること

[決めてくれ~~]
「精神的に苦しい」加地が代表引退livedoor スポーツ

加地は年を重ねるとともにレベルもどんどん上がってきたと感じるいい選手で、安定感・安心感ともに他のサイドバックの選手の比では無いのは俺がここで言うまでもない。加地をもう代表で見れないのかと思うとさびしい。

最近の代表選手のコメントを聞いていると「俺たちがしっかりしなきゃ」という意識が見え隠れしているようで興味深い。オシム前監督の時は監督の要求するレベルに到達しなきゃ・・・というニュアンスのコメントが良く聞かれたように思う。コメントを聞いているだけでも、明確な目標が与えられているかどうかがなんとなく想像できてしまうのが面白くもあり悲しくもある。

思い起こせば、ジーコの時も選手自ら自分達を叱咤激励しているようなコメントが多かったように思う。自分達だけで考えて望まなければならないということを肌で感じていたに違いない。ジーコ監督時の「このままではDFの責任を全部宮本がひっかぶることになる」というニュアンスの松田のコメントが今でも忘れられない。現在の憲剛とかのコメントを聞いていると、ジーコ時代のコメント以上に「自分達でやらなきゃ」という意志が感じられる。それは前向きな姿勢から生まれたものではなく、誰かをあてにしていてもなにも進展が無いことを悟ったような言いかたなのがとても気になるのだ。

いまさら嘆いてもしかたないことなのだが、改めてオシム監督の志の高さを思い知らされる。その目指すサッカー、要求するレベルが選手のレベルを凌駕しているからこそ、選手はその目標に向かってすすんでいけるのだ。その目標が無い今、代表選手も代表に向けるサポーターの熱意もしらけていくのは当然の流れなのだろう。

なんだか悲しいね。



ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2008年05月22日 22:27:31



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=2115
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする