Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2017年08月01日

磁気コネクターのmicroUSB充電ケーブル購入 

[507SH]
スマホとかで一番壊れるのが、なんといっても充電用のmicroUSBだと思う。家の連中は(嫁を筆頭に)ここをバンバン壊して使用不能にしていた。俺も携帯用バッテリーでこの部分が壊れ使用不能に。スマホとかタブレットでここが壊れたらどうしようもない。

ということで、事前に対策をうつことにした。

microUSB差込口が壊れてしまう最大の原因は、USBを繋いだままケーブルを引っ掛けてしまうことだろう。ということは、ケーブルを引っ掛けても外れてしまえば差込口のダメージは最小限に抑えられるはずだ。今の電気ポットは、ケーブルを引っ掛けてもすぐに外れるよう、コネクタ部分がマグネットになっている。microUSBもこういう構造になっていればかなり安心である。

ということで、こんなコネクタを購入した。

KKmoon M1 マイクロUSB充電ケーブル 金属磁気 USB 2.0 クイック充電 両面充電 Samsung S7 S6 Edge HTC Motorola Nokia Xiaomiなど Androidスマホ用

このmicroUSBの部分がマグネット接続になっている。
null

先日買った携帯バッテリーの充電用USBコネクタに
null

ケーブルから外したmicroUSBを差し込むと準備完了。ちょっと出っ張るが、小さめなので問題なし。
null

充電時はケーブルをつなぐだけ。磁石でパチっとくっつく。
null

向きはどっちでもOK。かなり簡単に外れるので、引っ掛けてもUSB差し込み口が壊れる可能性は非常に少ない。スマホ、タブレット、携帯バッテリーそれぞれに準備しておしまい。

と思ったのは少々思慮が浅かった。家では据え置きで電源をおいている。ここではケーブルが必要。更には持ち歩き用もケーブルが必要なので、ケーブルが足りないことに気がつく。携帯用バッテリーは毎日充電することはないので、最低でも4本のケーブルがないと不便なわけ。結局ケーブルごときに3,000円近くかかってしまった。まぁ壊れるよりいいよね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2017年08月01日 22:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5019
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする