Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2017年07月28日

親分が火消しに回るの図 

[つれづれなるままに]
ワイドショー大好き加計学園ネタだが、優勢であった前川前次官がだんだん押し戻されている感じ。ゲーム感覚で見ているととてもおもしろい。押し戻しの立役者は、前川前次官の先輩でもある加戸前愛媛県知事だ。彼が出てきてから、メディアの偏向報道や前川氏のおかしなところとかがどんどん明らかにされてきたように思う。

ただ、気になるのは、加戸氏が前川氏の先輩であることだ。いや、先輩というより親分と言っていいかもしれん。暴れん坊の下っ端を抑え込むために、その親分を持ってくるというのはよく使う手である。子分は親分の足元はすくえないし、やったらそれこそ息の根を止められる。予定調和路線に持ち込まざるを得ない方向に持っていくにはとても良い手法である。その手順になっているような気がしないでもない。

ダメージを被っているのは安倍政権でも前川氏でも加戸氏でもなく、メディアだろう。加工された報道と生のソースとの違いが明らかにされていくのは、メディアにとっては痛手以外の何物でもない。メディアは偏っても良いと思うが、全てが同じ方向に傾くのは有り得ないことである。だが、何故か全てが安倍政権倒しに動いている。安倍がいては困る何かがあり、利害関係が一致しているということなんだろうと思う。

まぁ、一番ダメなのはワイドショーネタが大好きな人が多すぎるということなんだけどね。だからゴシップネタレベルだけのクセに、「我々は報道しているんだ!」とマスコミがつけあがった考えを持ってしまうことになるんだよなぁ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2017年07月28日 22:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5017
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする